風の痕跡 -六甲山- (Trace of Wind -Mt.Rokko-)

六甲ミーツアート(兵庫・六甲山)2018年

瀬戸内海を見下ろす六甲山は、海から近いにも関わらず標高が1000m近くある。特徴的な地形は激しい気象の変化をもたらし、「六甲おろし」で知られるような強い風にさらされる。

およそ3ヶ月ある展示期間、この六甲の風を利用して六甲山麓がルーツである「御影石」に風の痕跡を残す。

目に見えない風の痕跡は、季節の変化を通じてどのように石に刻まれるのだろうか。

人と自然の共作は成立するのだろうか。